防衛大学校学生の一日の流れ

こんにちは!ミソラです!

今回は防衛大学校の1日について説明していきたいと思います。

入ってすぐの暮らしが気になると思うので、五月の1学年視点で書いていきます

文章量が多くて見辛いですがお許しください。

一日の流れ

まずは日課を見てみましょう

  • 0600起床→日朝点呼
  • 0615掃除
  • 0635-0720朝食
  • 0810国旗掲揚、朝礼→課業行進
  • 0830-1140授業
  • 1200一斉喫食
  • 1300課業行進
  • 1315-1715授業
  • 課業終了-1815校友会活動
  • 1730国旗降下
  • 1730-1915入浴
  • 1815-1915夕食
  • 1935日夕点呼
  • 1945-2220自習時間
  • 2230消灯

順番に生活の実態にスポットを当ててみます。

0600起床

0600になると起床ラッパがなります。基本的には2分以内にシーツ、毛布を畳み綺麗に整頓し、上裸(女子学生はTシャツ)に下作業着という格好で学生舎の前に集まりのですが、1学年は全力で階段を降り、上級生がゆっくり階段を降りる中、ひたすら声を出しながら待ちます

0615掃除

点呼終了後、全速力で自室に戻り、Tシャツを着てから掃除に向かいます。基本的に清掃長(2年)の監視のもと、決まった工程で、ホコリ一つ残さないように丁寧に、かつ作業着に穴が開くほどに高速に動かなければなりません。光の速さで清掃しても遅いと言われ、清掃長によっては説教が始まります。トイレや洗面台が担当だと比較的楽なのですが、廊下や中央ホールに当たってしまうと複数の上級生の監視のもと延々と雑巾掛けをするという地獄が待っています。(たまに掃除を手伝ってくれる上級生がいますが、その人は十中八九優しい先輩です)

0635朝食

1学年は公共場所の清掃終了後、自室の掃除、雑務をこなしてから食事に向かいます。掃除から寝室に帰ると大抵自分のベット周りがぐちゃぐちゃになっています(通称「台風」)ので、ベット周りも丁寧に戻す必要があります。また、この際、自室前のホワイトボードに「↑〇〇の元まで」のような呪文が書かれている場合がありますが、その際はこの記事内で「呼び出し時間」と表記している時間中に〇〇さんの部屋に行かなければなりません。雑務を終え食堂に行くとご飯とパンの選択ができるはずなのですが、1学年には選択権はありません。大人しくパンを食べましょう。食べる時間も五分ほどになります。

0710-0755の間は基本的には自由時間なので、この時間で制服のアイロンがけや靴磨き、金属のピカールがけなどをこなして朝礼に向かいます。しかしながら、この時間は「呼び出し時間」に該当する時間なので、大抵は20分ほどしか自分の時間はありません。(ひどい時は持ち時間2分もザラです)

0810国旗掲揚、朝礼

この時間は再び全学生が学生舎前に集合し、国旗掲揚後に朝礼を行います。毎週月曜日に容儀点検朝礼が行われ、制服のアイロンがけなどの点検を受けます。1学年は大半が落ち、受かるまで一週間の間集合前に容儀点検を受ける羽目になります。それ以外の朝礼はまちまちで、小隊、中隊、大隊、学生隊のいずれかの規模で朝礼が行われます。朝礼終了後には課業行進を行いながら、各々の授業に向かいます。

0830-1140授業

ようやく安寧の時が訪れます。上級生の唯一いない安全地帯「教場」においては全ての1学年が睡眠の誘惑に襲われます。誘惑に負けると留年したり、指導教官(学生舎にいる幹部自衛官)に報告されたりします。1学年は授業のコマがぎっしり埋まっていますが、上級生はコマがスカスカなので部屋で何かしたり、部活の練習をしたりしています。たまに授業が休講になりますが、大抵学生舎での作業を押し付けられてしまうので休むことはできません。

1200一斉喫食

1学年は授業終了後、1150には食堂に行き、一斉喫食の準備をします。この際に最も大変なのがドレッシングの獲得。ドレッシングの数は限られていて早い者勝ちなので各中隊の1学年が格闘しながらドレッシングの奪い合いを行います。苦労してとったドレッシングも不人気なものであっては苦労は水の泡になります。また、ご飯の盛り付けや味噌汁の配分、食器が欠けてないかの確認、お茶の用意などをこの短い時間でこなさなければならないので、1学年は皆必死になります。失敗すると「後で俺の部屋に来い」に繋がってしまいます。

食事後は課業行進まで再び自由時間です。この時間でベッドメイクや作業服のアイロンがけを行いたいのですが、この時間も「呼び出し時間」に該当します。頑張れ一年生。

1300課業行進

再び課業行進ですが、たまにパレード訓練というものがあり、課業行進に採点が行なわれます。この採点結果が良いと少し上級生に褒められます。(たまに待遇の改善もあります)採点結果が悪いと待遇が改悪されます

1315-1730授業 1630-1815校友会活動

授業は大抵1630には終わるので終わり次第それぞれの校友会に向かいます。校友会によってこの時間の過ごし方は大きく異なるのですが、選んだ校友会によってこの時間が天国にも地獄にもなります。校友会に関しても後日記事を書きますのでそちらをご覧ください。

1730-1915 入浴 食事

この時間も校友会によって異なります。大抵の校友会は一緒に風呂→食事という流れなので自由になれるのは1900前後になる場合が多いです。次の掃除の時間までにベッドメイクやアイロンがけなどを終わらせる必要があります。

1915-1930掃除

再び掃除です。基本的には朝と変わらないのですが、この清掃直後に日夕点呼があるので清掃終了後に綺麗な作業着に着替えなければならないのです。大抵、寝室に入るとベッド周りに台風が発生しているのでベッドを綺麗に直して着替える流れになるのですが、なぜか2学年が煽りにきます。適当にやると怒られるので必死の形相で取り組みましょう。

1935日夕点呼

再び点呼です。日朝点呼と違ってこの点呼は中隊ごとに行なわれるものです。毎週月曜日に容儀点検があるのですが案の定1学年はほとんど落ちます。落ちた人は受かるまで一週間容儀点検があるのでかなり辛くなります。また点呼終了後、2学年に容疑についてついて指摘を受けたり、「後で俺の部屋に来い」が発生します。(たまに容儀点検のアドバイスをしてくれる上級生がいます。ありがたいです。

1940-2220自習時間

この時間は机に向かって勉強や書類作成に追われます。たまに当直幹部が見回りにくるので迂闊な行動はできません。そしてこの自習時間には中休みというものが存在し、その時間は「呼び出し時間」に該当します。頑張れ1学年、1日はもう終わる。

2230消灯

自習時間終了後、十分間時間があり、この時間で消灯点検という確認作業をします。洗濯機のホコリ取りや電気のonoffですね。そして2230になると消灯ラッパが聞こえます。これで1日が終わります。

あっ、言い忘れてましたがこの点検時間はもちろん「呼び出し時間」になります。最後の気力を振り絞りましょう。

消灯後

延灯(0000まで勉強できる)をとってなければ、ベッドを崩して明日に備えて寝ます。イベント時や記念日などには部屋会という深夜までお菓子を食べながら話す催しが行なわれ、当直幹部に怯えながら笑顔で過ごしたりもします。

まとめ

長かったですね!

行事が絡むと少し日課は変わりますが基本的にはこんな感じです。

なんとなく防衛大学校の1学年の生活が想像できたかと思います。

受験生は是非、想像を膨らまして自分がやっている姿を思い浮かべてみてください。

想像を超える日々が待っていますよ(笑)

 

関連記事

夏季定期訓練part2富士登山訓練について【防衛大学校】

陸海空とパイロット【防衛大学校】

【プチ記事】留学生との交流【防衛大学校】

【プチ記事】やっていいの?酒タバコギャンブル…【防衛大学校】

夏季定期訓練part1遠泳について【防衛大学校】

防衛大学校生の休日【防衛大学校】